フロアから試着室に至るまで、何故インベントリ可視性なのかという理由

全文書をダウンロードする場合、右のフォームに記入してください。

Think Big Act Small

大半の小売業者が商品売上げだけで収益を上げているのも、成功に繋がる重要な要素である、在庫全体のリアルタイム可視性によるものです。フロアから試着室に至るまで販売業者は、インベントリ分析によって販売フロアの在庫状態を常時確保でき、最終的には満足度を高め、トップレベルの売上となります。RFID対応技術は、さまざまな店舗部門で在庫精度と可視性を可能にする道筋をつけました。フロアの商品在庫切れが減り、それによって顧客に喜んでもらえる、小売分析と組み合わせた技術が以下のとおりです。

フロアで始まる満足度
販売フロアにおいての可視性は、現在ある在庫を明確に確認する上で必要であり、それにより店はユニファイド・コーマスを達成できるのです。真の販売フロア可視性とは、収益を達成するためメソッドを組み合わせるのがベストです。RFIDサイクルカウント、双方向通信による在庫補充、在庫分析を一体化することで、販売フロアでアクセス可能な商品が具体的に何かを販売業者に知らせてくれます。この組み合わせ方法は在庫補充が必要なエリアを特定するだけではなく、肯定的なカスタマー・エクスピリエンスにする重要要素である、マーチャンダイジングと陳列に関する在庫基準への準拠も販売員に指示します。

今、eBookを入手しよう!

お問い合わせの際はこのフォームをご利用ください。このフォームはお客様のお名前、メールアドレスなどの個人情報を収集します。弊社の個人情報管理・保護方針については、プライバシーに関する注意事項をご一読ください。このフォームに記入し、お客様の情報を送信いただくことで、お客様は弊社のプライバシーに関する条項ならびにクッキーの使用に関する条項を読み、理解し、承諾したことになります。