インベントリ可視性の開始

インベントリ可視性: コンセプト的には実現可能のように見えるが、今日のユニファイド・コーマス環境下では、多くの小売業者が注文履行において、リアルタイムの在庫情報の実現に依然として苦労しています。74%の買い物客が買い物の時、最もイライラするのは在庫切れであるとしており、残念ながら顧客は依然として実に頻繁にこの問題に直面しています。
利用可能な在庫に視線をしっかり向ければ、RFID技術はサイクルカウントについて小売業者の戦略上、重要な役割を果たすはずです。RFIDをてこ入れすることで、小売業者は在庫をリアルタイムで確認でき、販売フロアの在庫を絶えず確保し、顧客満足度を高め、総売上を伸ばすことができます。以下で確認できるのは、販売業者がインベントリ可視性の実現に向けた方法、RFID技術が果たす重要な役割、およびIoTソリューションを可能にする次のステップの概要についてです。
何が得られるか
RFIDで小売業者は、双方向通信で在庫補充と在庫分析を受信し、SKUレベルで何の商品が販売フロアでアクセス可能かについて知ることができます。このインサイトの精度レベルにより、ジーンズ、靴、コートといった人気商品の補充がリアルタイムで可能となるので、いつもの場所で欲しい時に顧客は、探していた商品を手にすることができます。小売業者がは在庫補充が必要なエリアを特定できるだけではなく、マーチャンダイジングと販売フロアの陳列、ショッピング・エクスピリエンスを向上させる重要ポイント、販売コンバージョンの増加について、インベントリ・ガイドラインに従うよう販売員に指示することもできます。在庫に向けて掘り下げたインサイトで小売業者は、過剰在庫問題を浮き彫りにし、動きのない在庫をスムーズに流れるようにし、正確なマークダウン計画とタイミングを作成する上で役立ちます。


全文書をダウンロードする場合、以下のフォームに記入してください。

お問い合わせの際はこのフォームをご利用ください。このフォームはお客様のお名前、メールアドレスなどの個人情報を収集します。弊社の個人情報管理・保護方針については、プライバシーに関する注意事項をご一読ください。このフォームに記入し、お客様の情報を送信いただくことで、お客様は弊社のプライバシーに関する条項ならびにクッキーの使用に関する条項を読み、理解し、承諾したことになります。