「Retail Study 2016」Kurt Salmon RFID

RFIDは増加の一途をたどっています。2014年にKurt Salmonが作成した無線IDタグ (RFID) に関する、初の大規模小売業報告書の場合、34%がRFIDを導入済み、現在導入中、または計画中と判明しました。今日では倍以上の73%です。RFID採用が劇的に伸びた理由の一つは、ROIデータを持つ小売業者が増え続け、技術が大きな結果をもたらすと実証されたからです。

2016年5月、Kurt Salmonでは最低5億ドルの収益を上げている、60のソフトライン小売業者と問屋を調査、これは2014年の似通った集団の小売業者の調査以来でした。

ROI指標で抜きん出ていた一つが、在庫精度です。在庫精度は最も広く採用されている指標であり、調査した小売業者の93%がRFIDと関わりを持ち、RFIDによる最大の改善は平均して25.4%でした。さらに興味深い点は以下のとおりです。販売業者の報告によれば、在庫精度が駄目であると平均して全売上の8.7%損に達する。

RFIDを導入していない27%の小売業者の場合、経営陣が別の優先順位を強制しているケースが86%、経営陣でRFIDは大幅なメリットをもたらすと言っているのは2%にすぎない。

RFIDを採用している小売業者は、在庫精度と在庫切れの減少、販売商品のコスト、競争力を維持していく上で不可欠な他のエリア等、大幅な改善を見ている。現在、こうしたメリットは数値化されているので、保留にしている2%も納得せざるを得ない。RFIDは小売業者の将来の成功の核となる、オムニチャネルとカスタマー・エンゲージメントの両方で、不可欠なツールであり続けるう。


全文書をダウンロードする場合、以下のフォームに記入してください。

お問い合わせの際はこのフォームをご利用ください。このフォームはお客様のお名前、メールアドレスなどの個人情報を収集します。弊社の個人情報管理・保護方針については、プライバシーに関する注意事項をご一読ください。このフォームに記入し、お客様の情報を送信いただくことで、お客様は弊社のプライバシーに関する条項ならびにクッキーの使用に関する条項を読み、理解し、承諾したことになります。